治療メニュー

連雀通り日記

親子教室

お問い合わせフォーム

地図・診療時間

ごく浅い虫歯(C1)

歯の神経の部屋(歯髄腔)までむし歯の進行がまだ遠い状態です。

穴の中の細菌に溶かされた部分のみしっかりと取り除き白いレジン(プラスチック)や金属の詰め物をします。

page top

少し深い虫歯(C2)

やはり穴の中の溶かされた部分を取り除きますが、しみないように麻酔をかけることも多いです。綺麗に虫歯を除去したあとは金属やセラミックで修復します。

    表面麻酔を使用する。
    麻酔液を温める
    細い針を使用する
    注入速度をコントロールしてくれる器械を使用する

など麻酔の痛みを和らげる工夫をしています。

page top

神経の部屋に達する深い虫歯(C3)

麻酔をした上で、溶けた部分と炎症を起こした歯の中の神経を根元から除去し、細い器具と消毒液で綺麗に消毒しながら治療をすすめていきます。

痛みがとれ中が消毒されるまで数回かかります。その後しっかりと薬を詰め、金属やファイバー等で補強された土台をたてて、金属やセラミックなどの冠を被せます。

治療後の歯は再度虫歯にかかりやすくなっています。
当院では自宅でのケアのサポートにも力を入れています。

page top

電話・メールでお気軽にお問合せください。tel:0422-76-5665 info@renjyakudori-dc.com