治療メニュー

連雀通り日記

親子教室

お問い合わせフォーム

地図・診療時間

予防歯科

虫歯、歯周病を引き起こさない為に一番有効で重要なのは毎日の歯磨きです。

その日の汚れはその日のうちにしっかり落とす事を心がけて丁寧に歯磨きをします。

しかし毎日磨いているのに、歯医者さんで歯肉炎と診断されたという方も少なくないと思います。

毎日習慣的に行う歯磨き、これは簡単に見えて実は何種類もの磨き方やコツがあります。

歯並びや、顎の大きさなど一人ひとり異なる環境なので、ご自身のお口の状況に合わせてオリジナルの磨き方が必要です。

患者様一人ひとりに見合った歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシ、部分用ブラシ、などを使い分けてその方の口腔内トラブルを改善すべく、
歯磨きのプロである私達がアドバイスさせていただきます!

page top

子供の虫歯予防

フッ素塗布

フッ素を塗布する事で歯質を強化し、抗菌・抗酵素作用の働きで虫歯になりにくい歯にします。 当院では個別に合わせたフッ素塗布を行っております。

  1. 部分的に(6歳臼歯など)塗布を繰り返す
  2. 定期的に全体的に塗布(一回3セットを年二回)
  3. 自宅でのフッ素入り歯磨き剤や洗口剤の勧め

虫歯の歯にフッ素を塗るだけでは治りません。一度虫歯になった歯には治療が必要です。
虫歯のない状態で行う事が効果的なので治療が終わった後に行います。

シーラント

シーラントとは、虫歯になる前に食べかすの残りやすい奥歯の溝にプラスチックを埋める虫歯の予防法です。
生えたての乳歯や永久歯に効果的です(特に虫歯になりやすい6歳臼歯)。乳歯や生えたての永久歯は柔らかく、虫歯の進行が早いので歯磨き、フロス、フッ素・シーラント等の予防がとても重要です。

しかし、シーラントを埋めれば安心というわけではありません。 シーラントは剥がれやすく、剥がれた事に気づきずらいので、日々の歯ブラシでチェックし、剥がれたら早期に埋めなおさなければなりせん。フッ素との組み合わせも有効です。

page top

電話・メールでお気軽にお問合せください。tel:0422-76-5665 info@renjyakudori-dc.com